台湾旅行前に読んでほしいオススメ記事→ CLICK!

台湾は野犬が多い。田舎は特に要注意です。

台湾は野犬が多いと聞きました。旅行中に危険な目にあうことはありますか?

台湾は野犬が多いです。

台湾では野犬に追いかけられたという話をよく耳にします。

運が悪いと噛まれることもあるでしょう。

ただ、野犬の生活圏に入らなければまず大丈夫です。

安全に台湾旅行ができるよう野犬に関する知識を整理していきます。

目次

台湾の野犬が多い場所

大都市は野犬が少なく、田舎は野犬が多いです。

大都市(野犬少ない)

野犬は大都市の中心地にはほとんどいません。

台北、台中、台南、高雄などの主要都市ではそこまで心配しなくていいでしょう。

ただ、大都市でも郊外には野犬がいます。

堤防沿い、公園、開発中の住宅地、草むらの多いエリアなどは特に要注意です。

都市部には野犬がいないと思っていると、知らないうちに生活圏に入ってしまうことがあります。

大都市の中心部には野犬はいない。しかし、大都市でも郊外には野犬がいる。

田舎(野犬多い)

田舎は野犬が多いです。

観光地、住宅地、コンビニ、商店、お寺、空地、公園、草むら、道路など

どんな場所にも野犬がいます。

なかでも特にやっかいなのが、住宅前で放し飼いにされている犬です。

番犬としての仕事をしっかりこなしてきますので、旅行者は注意しましょう。

田舎はどこにでも野犬がいます。野犬の生活圏に入らないよう注意してください。

台湾旅行で野犬に追いかけられた時の対処法

高い場所に逃げる

近くに高い場所がある場合はすぐに登ってください。

高い場所に避難して数分もすれば野犬たちは去っていきます。

野犬が去ってから地上に降り、静かに逆の方向に逃げればいいのです。

なお、近くに高い場所がない場合は自動車によじ登りましょう。

もちろん自動車に登ることはモラル的には良くないです。

しかし身体の安全が第一ですので、本当にどうしようもない時は自動車に登りましょう。

高い場所に登る際は怪我にお気をつけください。

高い場所に登って野犬が去っていくのを待とう。登る際に怪我に気をつけて!

背を向けて走って逃げないで、面と向かって静かに立つ

犬は動くものを追いかける習性があります。

背を向けて走って逃げるなんてもっての他です。

犬の方が人間より絶対に早いのでスピード勝負をしてはいけません。

では、野犬に追いかけられた時はどうすればいいのか?

まずは逃げるのをやめて面と向かって静かに立ちすくみましょう。

実は犬も人間が怖いので人間が堂々としていると逆に何もしてこないことが多いです。

そして犬が静かになったタイミングを見計らって背を向けずにゆっくりと後ずさりします。

ある程度テリトリーから離れることができれば犬もこちらに興味を示さなくなります。

犬は動くものを追う習性があります。背を向けずに、面と向かって立ちましょう。

身体を大きく見せる

手を頭上に高く挙げて身体を大きく見せるのも効果的です。

上にも書きましたが、人間が野犬を怖がるように野犬も人間を恐れています。

100%効果があるとは言えませんがこちらを強く見せると犬を追い返すことができます。

台湾ではメジャーな対処法であり、多くの人が実践する方法です。

野犬も人間を怖がっています。こちらの体を大きく見せるといいようです。

棒や杖や傘などで野犬に近づかせない

棒や杖や傘などを野犬に向かって突き出して近づかないようにできます。

このとき実際に野犬を叩くのではなく、あくまでも距離を保つために使うのがポイントです。

実際に物理攻撃をしてしまうと野犬を刺激して逆効果になることもあるのでお気をつけください。

棒や杖や傘を使って、野犬との距離を保つことができる。

台湾の野犬ってどのくらいいる?データで見る野犬の数

台湾の野犬が危険なことは分かったけど、実際どのくらいの数の野犬がいるんだろう?

台湾政府機関の発表によると、2018年は全台湾で野犬が14万6773匹もおり、2017年と比べて約2万匹も増えたことが分かりました。

台湾政府は犬を捨てた飼い主に3〜15万元の罰金をかしたり、飼い犬の登録制を義務付けていますが、野犬は増えています。

また、少し古いデータですが、2015年の地域別の野犬の数は以下の通りでした。

地域
人口
野犬の数
人口100人に占める
犬の割合
新北市
3,965,926
4,295
0.1083
臺北市
2,705,921
2,931
0.1083
桃園市
2,082,165
8,960
0.4303
臺中市
2,729,291
15,028
0.5506
臺南市
1,885,240
24,596
1.3047
高雄市
2,778,793
15,220
0.5477
宜蘭縣
458,250
6,626
1,4459
新竹縣
538,712
2,318
0.4303
苗栗縣
565,795
2,435
0.4303
彰化縣
1,289,506
7,100
0.5506
南投縣
511,940
2,819
0.5506
雲林縣
702,304
9,163
1.3047
嘉義縣
522,065
6,811
1.3047
屏東縣
844,445
4,625
0.5477
臺東縣
233,326
3,229
1.4459
花蓮縣
332,472
4,807
1.4459
澎湖縣
101,838
713
0.7003
基隆市
372,791
404
0.1083
新竹市
432,692
1,862
0.4303
嘉義市
270,958
3,535
1.3047
金門縣
129,639
908
0.7003
連江縣
12,476
87
0.7003
総計
23,456,545人
128,473匹
0.548匹/100人

結果、台南市が野犬の数が一番多く、高雄市が二番目、台中市が三番目となっています。

2018年は全台湾で野犬が14万6773匹いた。これは2017年よりも2万匹も多い数字だった。

また、地域別で見ると、野犬は台南市、高雄市、台中市が多いことが分かった。

台湾旅行中に野犬に噛まれた時の対処法

傷が深い場合は止血して必ず病院に行くようにしてください。

台湾の医療は進んでおり、病院の数も多く、医療費もそこまで高くありません。

タクシーをつかまえて近くの大きな病院に連れて行ってもらいましょう。

なお、台湾の野犬が狂犬病にかかっていることはありません。

狂犬病は発症したら100%死ぬ恐ろしい病気ですが、この点については心配する必要はありません。

犬に噛まれたら止血して病院に行こう。狂犬病の心配はないので安心してください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる