台湾旅行前に読んでほしいオススメ記事→ CLICK!

台湾旅行でチップをホテルやタクシーに払う必要ある?

海外のホテルやタクシーではチップを支払うイメージがあります。台湾ではどうなのかな?

海外旅行で気になるのが現地の習慣です。

現地で非常識なことをしてしまい、失礼な人間だと思われたくないですよね。

旅行者であっても現地の人からは日本代表として見られています。

せっかくならマナー良く行動したいですよね。

以下で台湾のチップ事情についてお話ししますので、ぜひ旅の参考にしてください。

目次

結論:台湾旅行ではチップを払う必要はない

結論:台湾旅行でチップを支払う必要はありません。

台湾にはチップを支払う習慣がありません。

習慣がないので、チップを支払わないことでマナー違反になるということはありません。

ホテルでもタクシーでも会計時に提示された料金だけ支払えば大丈夫です。

日本と同じ感覚で旅行できるのは気が楽ですよね!

台湾のレストランではサービス料(服務費)がかかることも

一部のレストランでは10%の「サービス料(服務費)」が加算されることがあります。

通常、ローカルな食堂や屋台でサービス料が加算されることはなく、しっかりした内装のお値段高めのレストランで加算されることが多いです。

せっかくの海外旅行だからケチケチしたくはありませんが、サービス料が気になる人は入店前に確認しておきましょう。

日本にもチャージを払うお店があるので特に違和感を感じないですよね!

台湾には最低消費額(低消)の規定があるレストランもあります

一部のレストランでは「1人が絶対に消費しないといけない金額」が決められていることがあります。

台湾の一部のレストランには「低消」という制度があります。

「低消」とは「1人が絶対に消費しないといけない金額」のことです。

ローカルな食堂や屋台にはなく、ちょっとお高いレストランにあることが多いです。

メニューの隅に「每人低消150元」とあれば、これは「1人につき最低150元消費する必要がある」という意味です。

これはチップとは関係がないですが、台湾ではよく見られるので紹介させていただきました。

日本にも「1人につき必ず1点は注文してください」というお店があるので、この制度も日本と似てますよね!

台湾のタクシーは深夜や新年には料金が高くなります

台湾のタクシーは深夜23時から早朝6時まで深夜料金がかかります。

台湾のタクシー料金は以下のように計算します。

初乗代金  :1.25kmで70〜80元
1メーター:200〜250m毎に5元加算される
23時〜6時:深夜料金として合計金額に20元が加算される

都市ごとに規定が異なるため、料金や距離に幅があります。

 

台湾のタクシーは新年には特別料金がかかります。

年末年始休み(12月末〜1月初旬)や旧正月(1月末〜2月初旬)は新年の特別料金が発生します。

台北、新北、基隆:+20元
桃園:+50元
彰化:+100元

新年の特別料金に関しても都市によって大きな違いがあります。

日本のタクシーにも深夜料金があるので特に違和感はないですね!

台湾のマッサージ店もチップを払う必要なし!

他、日本人旅行者が利用するお店としてはマッサージ店があります。

台湾にはチップの習慣がないので、マッサージ店でもチップを払う必要はありません。

ただ、マッサージ師さんが親切だったり仲良くなった場合はチップを渡したくなることもあるでしょう。

ただ習慣やルールがないというだけで、チップを払ってはいけないという訳ではないです。

本当に支払いたい場合は支払っても問題はありません。

日本人に人気のマッサージもチップを払う必要はありません!

番外編:世界のチップ事情

世界のチップ事情

世界のチップ事情

台湾は水色なので「チップを受け取らない」に分類されます。

東アジアはチップを受け取らない国が多いので日本と同じ感覚で旅行しても問題ないですね。

しかし足を伸ばして遠い国に行けばチップが必要になります。

例えば、オーストラリアやニュージーランドは日本人に人気の観光地ですが、チップを払わないと失礼に思われてしまうでしょう。

ヨーロッパは注意が必要です。チップの習慣自体はありませんが、お釣りが1〜3ユーロの時は店員がお釣りを返さずこれをチップ代わりにすることがあります。会計をごまかされているわけではありません。

このように国ごとに異なる習慣があります。その国の習慣を知らないと現地の人から失礼に思われたり、トラブルの原因になることもあるので気をつけてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる