台湾旅行前に読んでほしいオススメ記事→ CLICK!

台湾にはどんな乗り物がある?火車、高鉄、MRT等の交通機関を解説

YouBike(レンタル自転車)
台湾にはどのような乗り物がありますか?

台湾には火車、高鉄、MRT、ライトレール、バス、タクシー、YouBikeなどの乗り物があります。

旅行前に台湾にどのような交通機関があって、どこに行けるのかを把握しましょう。

目次

はじめに:台湾のどの街にどの交通機関があるかを表で把握しよう

エリア 北部 中部 南部 東部
 

地図

台湾北部 台湾中部 台湾南部 台湾東部
 

都市

台北市
新北市
基隆市
桃園市
新竹市
新竹県
宜蘭県
苗栗県
台中市
彰化県
南投県
雲林県
嘉義市
嘉義県
台南市
高雄市
屏東県
澎湖県
花蓮県
台東県
 

交通機関

火車

高鉄

台北MRT

桃園MRT

市バス

長距離バス

タクシー

YouBike

火車

高鉄

台中MRT

市バス

長距離バス

タクシー

YouBike

火車

高鉄

高雄MRT

市バス

長距離バス

タクシー

YouBike

火車

市バス

長距離バス

タクシー

旅行したい都市はどこですか?

旅行先でどう移動するかをあらかじめイメージしておきましょう。

台湾には東部のようにMRTがないエリアもあります。

現地に着いてから「こんなはずじゃなかった!」とならないよう上の表で予習しておきましょうね。

台湾の交通機関一覧!火車、高鉄、MRTなど

電車(火車/台鉄/台鐵/TRA)

火車(台鉄/台鐵/TRA)

呼び方 火車

台鉄(繁体字では”台鐵”)

TRA(Taiwan Railways Administration)

初乗りの値段 10元
走っている都市 台湾のほぼ全土

火車は日本でいうJRです。

台湾全土を走っていて、短距離移動にも長距離移動にも適しています。

火車の路線

火車の路線

台湾島の外側をぐるっと囲うように通っています。

区間車<復興号・区間快車<莒光号<自強号、太魯閣号、普悠瑪号の順で早くなります。

普悠瑪号(プユマ号)

普悠瑪号(プユマ号)

台湾東部は高鉄(台湾新幹線)が走っていないため、高速移動する場合は普悠瑪号に乗ります。

火車の座席

火車の座席

台鉄はどの車両も座席が広々として頭上に荷物を置くことができますし、トイレもあるので長距離移動も安心です。

新幹線(高鉄/高鐵/THSR)

新幹線(高鉄/高鐵/HSR)

新幹線(高鉄/高鐵/THSR)

呼び方 高鉄(繁体字では”高鐵”)

THSR(Taiwan High Speed Rail

初乗りの値段 40元(南港〜台北)
走っている都市 台湾の西側の都市

高鉄は日本でいう新幹線です。

台湾の西側の大都市を結ぶ高速鉄道です。

新幹線(高鉄/高鐵/THSR)

新幹線(高鉄/高鐵/THSR)

停車駅は上記の通り。2022年時点では高雄駅は開業していません。

通常、高鉄の駅は市街地から少し離れた場所にあります。

ちょうど新横浜駅や新大阪駅のような位置です。

市街地まではバスや電車で10〜20分揺られることになるので注意しましょう。

※台北と板橋と南港は市街地にあります。

都市高速鉄道(捷運/MRT)

都市高速鉄道(捷運/MRT)

都市高速鉄道(捷運/MRT)

呼び方 捷運(しょううん)

MRT(Mass Rapid Transit

初乗りの値段 大人20元
走っている都市 台北、桃園、台中、高雄

捷運は日本でいう地下鉄です。

地上を走ることもあるため(台中MRTはほとんど地上です)、地下鉄ではなく捷運やMRTなどと呼びます。

桃園MRT

桃園MRT

桃園MRTは桃園國際空港から台北市内まで通っているので利用したことのある日本人も多いでしょう。

ちなみに桃園國際空港から台北駅までは40分ほどで140元で到着することができます。

その他のMRTは、台北MRT、台中MRT、高雄MRTなどがあります。

これらは基本的には市内移動のためのMRTと思ってください。

MRTをうまく乗りこなせばタクシーを使わなくても大体の場所に行くことができます。

※東京メトロや大阪市営地下鉄をイメージしていただければOKです。

市バス(公車/巴士)

市バス(公車/巴士)

市バス(公車/巴士)

呼び方 公車

巴士

初乗りの値段 12元(都市により異なる)
走っている都市 台湾全土

バスは台湾全土を走っています。

ただ、路線が多く複雑なため、旅行者にはあまりオススメできません。

公車/巴士

公車/巴士

支払いは入口付近にあるカードリーダーに悠遊カードをかざします。

あわせて読みたい
台湾旅行で便利!悠遊カード(ようようカード)の買い方&使い方 悠遊カードはSuicaのようなICカードです。 公共交通機関や商店で専用端末にかざすだけで支払いが完了します。 現金も店員さんとのやりとりも不要なので非常に便利です。...

悠遊カードがない人は現金で支払うこともできますが、お釣りが出ないのでオススメしません。

とにかく台湾のバスは色々と上級者向けです。

乗り過ごしてしまうと大変ですし、市内の移動はなるべくMRTやタクシーを利用しましょう。

長距離バス(客運)

長距離バス(客運)

長距離バス(客運)

呼び方 客運
初乗りの値段 (都市により異なる)
走っている都市 台湾全土の大きい駅をつなぐ(台北駅、台中駅など)

長距離バスも台湾全土を走っています。

各都市を結んでいて、途中停車駅が少ないため速く移動できるのが特徴です。

西側の都市を移動する際は新幹線が便利ですが、台北から高雄まで片道1.5時間で1500元ほどかかります。

しかし長距離バスだと台北から高雄が片道5時間で600元ほどです。

時間はかかりますが経済的にはだいぶお得と言えるでしょう。

また、内陸の南投県や屏東県など鉄道が通っていないエリアに行く場合も長距離バスを利用します。

タクシー(計程車)

タクシー(計程車)

タクシー(計程車)

呼び方 計程車

小黃

初乗りの値段 都市により異なるが、だいたい85元
走っている都市 台湾全土

タクシーは台湾の中国語で”計程車”と言います。

また、車体が黄色いので”小黃”という愛称でも呼ばれています。(可愛いですよね。笑)

当然ですが鉄道やバスで行けない場所にも行くことができます。

日本よりはだいぶ安いので、うまく使いこなせば非常に便利です。

YouBike(レンタル自転車)

YouBike(レンタル自転車)

YouBike(レンタル自転車)

最後に上級者向けの交通手段をもう一つだけご紹介しましょう。

それがこのYouBike(レンタル自転車)です。

YouBikeのレンタルスポットは台湾の西側大都市の至るところに設置されています。

台湾の電話番号と紐づけられた悠遊カードを使えば24時間いつでも利用することができます。

あわせて読みたい
台湾旅行で便利!悠遊カード(ようようカード)の買い方&使い方 悠遊カードはSuicaのようなICカードです。 公共交通機関や商店で専用端末にかざすだけで支払いが完了します。 現金も店員さんとのやりとりも不要なので非常に便利です。...

ただし、30分以上を過ぎると有料となりますので注意が必要です。

台湾の電話番号がないと利用できないので、これもまた旅行者には利用のハードルが高い交通手段です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる