台湾旅行前に読んでほしいオススメ記事→ CLICK!

台湾旅行でのタクシーの乗り方、代金、注意点、目的地を伝える中国語

 

台湾ではタクシーで移動したいなぁ。注意すべきことはあるかな?

台湾旅行ではぜひタクシーを利用しましょう。

日本より運賃が安くて簡単につかまえられるので便利です。

しかし、台湾のタクシーには注意点もいくつかあります。

よって今回はタクシーの乗り方や注意点を紹介していきます。

目次

台湾旅行中、タクシーはどこで乗れる?

中国語でタクシーは「計程車」と書きます。

台湾の空港、百貨店、ホテルにはタクシー乗り場があります。

案内標識に「計程車」という表示があるので、それをたよりにタクシー乗り場を探しましょう。

また、台湾の道には流しのタクシーもたくさん走っています。

タクシーに向かって手を振りましょう。

客を乗せていなければ止まってくれますし、客がいれば止まってくれません。

これは日本のタクシーとほぼ同じですね。

台湾ではタクシーのことを「計程車」という。
空港、百貨店、ホテルにはタクシー乗り場がある。
流しのタクシーも利用できるが、止まってくれないこともありる。

台湾のタクシーは自動ドアではない。自分でドアを開けよう。

台湾のタクシーは日本と同じように後部座席に座ります。

ただ、ドアは自動ではなく自分の手で開ける必要があります。

これを知らないと、ドアが開くまでボーッと待っていることになってしまいます。

また、下車する際も自分の手で開ける必要があります。

これも知っておかないと、下車時に戸惑ってしまうかもしれません。

実はタクシーが自動ドアになっている国は日本以外ほとんどないのです。

台湾のタクシーは自動ドアではない。乗車時も降車時も自分の手で開けよう。

台湾のタクシーに乗ったら、行き先(目的地)を伝えよう。

タクシーに乗車したら次は目的地を伝えましょう。

目的地を伝える際に一番誤解がないのが、目的地の住所を伝える方法です。

旅行前にネットや旅行本で行きたい場所の住所を調べて控えておきましょう。

タクシーに乗ったらその住所を運転手さんに見せればOKです。

タクシーの運転手さんはカーナビで目的地を調べるので住所を伝えるのが一番親切です。

しかし、台湾のカーナビは電話番号で検索する機能がないため電話番号を伝えても意味がありません。

一番親切なのが住所で、次に親切なのが店名です。

店名だと同じ名前の店があることもあるので、有名な場所でない限りは住所の方がいいですよ。

タクシーに乗ったら行き先の住所を伝えよう。
台湾では電話番号は検索できず、店名は誤解が生じることもあるので、できるだけ住所を伝えよう。

台湾のタクシーではシートベルトを締めましょう。違反者には罰金もあります。

台湾のタクシーでは後部座席でもシートベルト着用が義務となっています。

違反者は最大で6000元の罰金となるので注意が必要です。

2012年には日台ハーフの芸能人MAKIYOがシートベルト着用で運転手と口論になり、運転手を暴行してしまいました。

この事件は日本では大きく報道されませんでしたが、同時の台湾では対日感情が悪化するほどの問題となりました。

現在はもう長い時間が経っていますが、運転手さんの中には日本人を見るとこの事件を思い出す人もいるはずです。

マナー良く台湾旅行をするため、タクシーに乗ったらシートベルトは着用しましょう。

台湾のタクシーはシートベルト着用が必須である。違反者は最大で6000元の罰金。
マナー良く旅行するために、ルールはしっかり守ろう。

台湾のタクシーは現金でもカードでも支払える。もちろん領収書ももらえます。

お支払いは現金でもカードでもOKです。

現金の場合はメーターに表示された金額を見て支払いをしましょう。

お釣りが大量に必要になるような払い方は迷惑かもしれません。

できれば乗車前に小銭を少し用意しておくといいですね。

あわせて読みたい
台湾のお金の種類を解説。通貨の単位・写真・デザイン・数え方   海外旅行をするときに気になるのが現地のお金ですよね。 普段使わないので、とっさにお金を使えるか不安です。 ここでは、台湾旅行をする皆様が安心できるように...

また、領収書が欲しい場合は以下の中国語を見せてみましょう。

請給我收據(領収書をください)

お支払いは現金もカードも可能。
お願いすれば領収書も発行してもらえる。

台湾のタクシーはチップを払う必要はある?

台湾にはチップを払う習慣はありません。

タクシーも提示された料金を支払うのみでOKです。

台湾のタクシーはチップを払う必要はない。

台湾のタクシーは安全?女性一人で乗っても大丈夫?

台湾は世界でもトップレベルに治安がいい国です。

女性が一人で夜道を歩けない国はたくさんありますが、台湾は女性が一人で夜道を歩いても問題ありません。

夜に女性が一人でタクシーに乗っても事件に発展することはまずないでしょう。

しかし、過去には女性がタクシーに山の奥まで連れ去られた事件も起きています。

最近このような事件はないですが、100%安全とは言い切れないです。

できれば友達と乗車したり、昼に乗車するようにしましょう。

また、ホテルや空港などに出入りしているタクシーを利用するのもオススメです。

台湾は非常に治安がいい。女性が夜間に一人でタクシーに乗っても問題はありません。
ただ、過去には恐ろしい事件も起きています。できれば友達と乗ったり、昼に乗るようにしましょう。

台湾ではUberは使える?

Uberは台湾で規制強化され、台北、台中、高雄、桃園などの一部の大都市しか走っていません。

とはいえ日本の電話番号で利用でき、乗車前に目的地や料金が明示されるので運転手とコミュニケーションをとる必要がないため、旅行者にとっては非常に便利なアプリです。

規制強化で利用可能な都市は限られ、車両数は減っている。

 台北、台中、高雄の三都市ではMRT(捷運)が便利

台北、台中、高雄の三都市にはMRTが走っています。

もちろんMRTはタクシーに比べると便利ではないです。

それでもMRTは主要な観光地を結んでおり、うまく使いこなすと非常に便利です。

東京や大阪の地下鉄よりも乗り換えが簡単なので、迷うことも少ないはずです。

ぜひMRTも活用してみてくださいね。

台湾のMRTは安くて便利。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる