台湾旅行前に読んでほしいオススメ記事→ CLICK!

台湾の市バスの乗り方&注意事項。路線バス(公車)は慣れると便利。

台湾でバスに乗ってみたいけど、なんだか難しそう・・・

台湾旅行では市バスに挑戦してみましょう!

台湾はMRTや火車が便利ですが、なかにはバスじゃないと行けない場所もあります。

特に、台南や屏東のようなMRTがない都市では本当に便利ですよ。

台湾旅行を楽しむために、今回は市バスの乗り方を解説します。

目次

台湾のバス関連の中国語

公車 バス
巴士 バス
公車站 バス停
~號的公車站在哪裡? 〜番のバス停はどこですか?(※)
我想在~下車,
到~的時候,可以告訴我嗎?
私は〜で下車したいです。
〜に着いた時に私に知らせてもらえますか?

最初にバス関連の中国語を知っておきましょう。

上記の中国語を筆談で台湾人に見せれば優しく教えてもらえますよ。

※台湾のバスは路線により番号が決まっています。自分の乗りたい番号のバス停を探す時にこの例文を見せましょう。

台湾の市バスの乗り方&注意事項

台湾の市バスの乗り方は難しくありません。

しかし、日本と違うルールも多いので以下を読んでしっかり予習しておきましょう。

乗車前に「悠遊カード(中国語:悠遊卡)」を購入する

台湾には悠遊カードと呼ばれるICカードが存在します。

バス、MRT、鉄道、コンビニ支払いなどがスムーズにできる便利なカードです。

悠遊カードはバスでは購入できず、コンビニやMRTの駅で購入する必要があります。

悠遊カードの値段は200元です。

200元のうち100元はカード内にチャージされ、乗車賃として消費できます。

200元のうち100元はデポジット金として徴収され、カードを返還すると返ってきます。

バスに乗る前にコンビニやMRTの駅で悠遊カードを購入しておこう。バス内では悠遊カードは購入できない。

時間に余裕を持って行動する

日本と違って、台湾のバスは時間通りに到着するとは限りません。

運が悪いと到着時刻から30分以上も待つことがあります。

こればかりは予測できませんので、バスを利用する際は時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

また、絶対に遅れてはいけない予定がある時はバスを利用しないようにしましょう。

台湾のバスは時間通りに来るとは限りません。時間に余裕がある時に利用するようにしましょう。

バス停を見つける

まずはバス停を探さないといけません。

通常、1つのバス停には複数の路線のバスが停まります。

バス停に着いたら、自分が乗りたい路線の番号があることを確認しましょう。

バス停に自分が乗りたい路線があることを確認しましょう。

手を挙げてバスを止める

台湾では手を挙げないとバスは止まってくれません。

下車する人がいなければ、そのバス停はスルーされます。

バスの運転手さんに見えるようしっかり手を挙げてアピールしましょう。

台湾では手を挙げてバスを止めます。

バスに乗る

バスの車体によっては乗り口が複数あります。

通常は前と後ろの二箇所だけですが、たまに、前・後ろ・真ん中の三箇所ある時があります。

結論、どの乗り口から乗っても大丈夫です。

降りる人が全員降りてから乗るようにしましょう。

台湾のバスには乗り口が複数ありますが、どこから乗っても大丈夫です。

【乗車時】乗車賃を支払う

ドア付近にあるカードリーダー

ドア付近にあるカードリーダー

バス車内上部に「上車」「下車」というランプが灯っています。

「上車」が灯っていれば乗車時に乗車賃を支払う必要があります。

「下車」が灯っていれば下車時に乗車賃を支払う必要があります。

悠遊カードで支払う場合は、ドア付近にあるカードリーダーの中央に水平にかざしてください。

変な角度でカードをかざすと、チャージ金がうまく消費されず、次回乗車する際にエラーとなります。

現金で支払う場合は、運転手がいる前のドアから乗車し、現金を支払ってください。

お釣りは返してもらえず、車内には両替機がないので、乗車前に乗車賃を用意しておきましょう。

乗車時か下車時に支払います。お釣りは返ってこないので、悠遊カードで支払いましょう。

乗車中の注意事項

乗車したらすぐに座ってください。

座席が空いてなければ吊革を握りましょう。

台湾のバスは運転が荒くて揺れがすごいです。

体を安定させないと怪我してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

次に、バス内では優先席(博愛座)に座らないようにしましょう。

台湾では、お年寄り、妊婦、体の不自由な人に対する優先が徹底されています。

健康な人が優先席に座るとマナー違反になるので気をつけましょう。

 

また、バスの中では飲食は禁止です。

罰金もあるので注意が必要です。

台湾のバスは運転が荒いので気を付けましょう。

優先席(博愛座)には座らないようにしましょう。

バスの中は飲食禁止です。

下車したいバス停が次になったらブザーを押す

下車する時は「下車鈴」と書かれたブザーを押します。

ブザーは車内のいたるところにあり見つけやすいです。

ブザーを押すとブザーは光った状態になり、次のバス停で停車してくれます。

次のバス停が下車したいバス停になったらブザーを押そう。

【下車時】乗車賃を支払う

上にも書いた通りです。

「下車」のランプが灯っていれば下車時に乗車賃を支払う必要があります。

悠遊カードか現金で支払いましょう。

下車時は車に注意してください

台湾の路上はバイクが非常に多いです。

バスから下車する時に出口のすぐ前をバイクが横切ることがあります。

実はこのタイミングでバイクにひかれる人もいるようです。

非常に危ないので下車時はバイクが来ていないか確認しましょう。

下車時にバスの横を通り過ぎるバイクとぶつかる人もいますので気を付けましょう。

台湾の市バスの料金(乗車賃)

台湾の市バスの料金は都市により異なります。

都市名 料金 備考
台北市 15元
新竹市 25元
台中市 20元 台中市民は10kmまで無料
彰化市 25元
台南市 18元
高雄市 12元
花蓮縣 25元
台東縣 25元

※悠遊カードで支払うと上記料金から1〜2割引となります。

※市内から郊外に行く場合は2倍の料金になることがあります。

目的地を通るバスの番号はGoogleMapで調べよう

ここまで記事を読んでみて、バスの乗り方や注意事項は理解できました。でも、どうやったら目的地を通るバスの番号を調べられるの?

GoogleMapを使えば目的地までのバスの番号が簡単に分かります。

まずはGoogleMapを開きましょう。

・ブラウザで見る方はコチラをクリック:https://www.google.com/maps

・アプリで見る方はコチラをダウンロード:

Google マップ – 乗換案内 & グルメ

 

以下、スマホ画面で使い方を解説していきます。

①目的地を検索

まず、GoogleMapを開くと上のような画面になります。

画面上部の「ここで検索」に目的地を入力して検索しましょう。

②現在地から目的地までの経路を表示する

今回は仮に「擎天崗原」という台北の観光地を入力してみました。

すると赤いピンで擎天崗原の位置が表示されました。

この段階で「経路」という青いボタンを押せば、自分が今いる地点から擎天崗原までの経路が表示されます。

③別の地点から目的地までの経路を表示する

自分が今いる地点から目的地までの経路ではなく、別の地点から目的地までの経路が知りたい場合は、「現在地」とある箇所に地名か住所を入力します。

今回は仮に「淡水駅」と入力してみました。すると、地名を入力すると同時に「淡水駅」から「擎天崗原」までの経路が表示されました。

④経路を詳しく見てみよう

目的地入力欄のすぐ下にある車や人のアイコンをクリックしてみましょう。(黄色の矢印)

複数の経路が表示されますよ。

  • 車のアイコン・・・車の場合の距離と経路
  • 電車のアイコン・・・公共交通機関の場合の距離と経路(バスはここに含まれます)
  • 人のアイコン・・・徒歩の場合の距離と経路
  • 自転車・・・自転車の場合の距離と経路

今回はバスなどの公共交通機関を使って目的地まで行きたいので、電車のアイコンをクリックします。

上のように公共交通機関で行く場合の経路の候補が3つ表示されました。(黄色い枠)

一番上がオススメの経路なので、これをクリックして詳細を確認します。

⑤オススメ経路の詳細を見る

上のような画面が表示されました。

白い部分を上にスワイプして経路を拡大しましょう。

すると、経路の詳細が表示されます。

まず淡水駅(Tamsui Station)でMRTの赤線(Tamsui-Xinyi Line)に乗り、「劍潭站」という駅で下車することが分かります。

さらに下にスワイプしていくと、「S15」という番号のバスに乗って、最後は「Qing tian gang(擎天崗)」で下車するよう書いてあります。

このとおりGoogleMapを使うと、乗車場所、乗り換え場所、発車時間、下車時間などを自動で瞬間的に表示することができます。

使いこなすことができると道に迷うことはなくなりますので、ぜひ旅行する前から何度か使って慣れるようにしておきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる